うつ病と治験薬

ホーム心理学と心理療法の本棚より『幸せの絆を求める女たち』>

第10章(6/12) 人の心の裏を読むくせがついている

この章で大林先生は、治験薬の効果について、二つの例をあげていらっしゃいます。

ひとりめは、うつ状態の44歳の女性M子さん。

M子さんは、先生のところに通院しはじめてから約一年が過ぎていました。彼女は、先生のところに来るまで10年以上も精神科をふくめ、さまざまな医療機関で治療しても変わらなかったので、先生は簡単に治らないと見込んでいました。薬の処方を変更してもあまり効果がみられなかったのでそのままになっていたのですが、M子さんはなんとかしたいと考えていたようで、新薬でもないかときいてきました。

そのときたまたま、先生の手元に治験薬として抗うつ剤があったのでそれをM子さんに話して、試してみることにしたのです。治験薬とは、まだ通常の治療薬として厚生省から許可が下りておらず、試験的に条件つきで臨床に使えるものです。

この治験薬で、M子さんのうつ状態は改善され、同居していた夫の両親との関係もよくなったのです。

でも、大林先生は、この改善に満足していないようです。

「今までの彼女と姑のあつれきはなんだったのか。関係改善はよいことではなるが、長年の問題がたった二週間足らず薬を飲むことで変わっていいのだろうかと考えたりもした」とのこと。


M子さんのケースからまもなく、30歳になるS子さんが来院しました。

彼女は高校時代からときどきふさぎこむときがあり、自分は他の人とは違っていると思っていたそうです。

精神科ではうつ病と診断され、抗うつ剤をしばらく飲んでみたけれど変わらなかったとのこと。

彼女は、ガスの元栓を何度も確認しないではいられない「確認強迫」や、友達と遊んで楽しい最中に何か心配事を探してそちらにこだわってしまい、暗い気分になってしまう癖に悩んでいました。自分は何か虚しさのようなものがあり、楽しいことを暗くすることでバランスを取っているのではないかというのです。この方は、すごく鋭くご自分の心理を洞察されていると思います。セルフ・エスティーム(自己評価・自分を尊重し大切にする気持ち)が低いあいだは、楽しむことを自分に許せないからです。

たまたま週刊誌の記事に、日本では未発売の抗うつ剤が落ち込みにも強迫にも有効とあったので、それを手に入れたくて先生のところに来院したのでした。

先生のところにあった治験薬の成分が、彼女の希望する薬と成分がほぼ同じだったので、それを飲んでもらうことにしました。しかし、S子さんの場合、六週間の治験期間が終了しても効果はありませんでした。

とはいえ、治験薬の投与はダブル・プラインド(二重目隠し?!)という形をとります。治験薬とよく似た対象薬が用意されて、そのどちらかの薬が処方されるのですが、患者さんにも、薬を出す医師にも、どちらの薬かわからないように外見もわざわざ似せて作る。効果がなかったのは対照薬だったのかと思いきや、 製薬会社から、彼女が飲んだのは本物の治験薬だったことを知らされたのでした。

大林先生はその後、S子さんへ定期的な面接(カウンセリング)をなさったようです。そのなかで、彼女のなかにあった「安心したり楽しんだりすると必ず悪いことが起こる」という思い込みのもとが、育った環境にあったことが、わかってきたのでした。

しかしそれから半年たっても、症状がなくなったわけではないそうです。

もちろんそれだけでは症状はなくならないですね。

先生は、「次善の策として、さまざまな治療がある」とおっしゃっていますが、もう一歩、二歩、前に進んで、比較的簡単に安全に、すぐに修正できる方法も、じつはあるのです。(^^) それは、『プライベート・アイズ』セミナーでお教えしています。


『幸せの絆を求める女たち―心療内科の診察室から』大林正博著・アマゾン紹介リンク

この本の内容

第3章 ボーダーラインケース(境界例の症例)(1/12)

第7章 抑うつ状態(2/12)

第6章 反応性うつ病(3/12)

第1章 神経性過食症(4/12)

第2章 神経性食欲不振症(拒食症)(5/12)

第10章 人の意向にばかり合わせるくせがある(6/12)

第9章 自律神経失調症(7/12)

第8章 過敏性腸症候群(8/12)

第5章 パニック障害(9/12)

第4章 対人恐怖症(10/12)

第11章 解離性障害(11/12)

エピローグ そして誰もが絆を求めている(12/12)


ぺージトップへ

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク