抑うつ状態

ホーム心理学と心理療法の本棚より『幸せの絆を求める女たち』>

第7章(2/12) 抑うつ状態「なにをやっても母から認めてもらえなかった」

Fさん。36歳男性。精神科への入院は二年前からでこれが四度目。

大林先生は、上司の勧めに従って、この患者さんの奥さんと面接することにします。奥さんは大林先生からみて、「美人ではあるが、どこか生活に疲れたともいえる印象を抱いてしまう人」でした。

ここでも大林先生の患者さんとの面接は、心理カウンセリング的な展開になっていきます。
…………………………………………………………………………
彼女はほとんどひとりでしゃべった。

「主人と知り合ったのは職場が一緒だったからです。あのころの主人は、昔を知らない人には信じてもらえないほど、いつも光っていました。会社でもとにかく精力的で、仕事はテキパキやるし、

(中略)

 主人はどうなったんでしょうか。私と結婚してからなんだか色あせたようになってしまって。私は疫病神なんでしょうか。

私が優しすぎるのが悪いのかなとも思います。
主人が会社を辞めたので私が代わりに働いて、子供を育てて、家事をして、主人の実家からもよくやっていると感謝されます。

 私はいい妻です。やるべきことは全部やりました。主人のために健康食品を買ったり、私の態度を変えてみたり、厄払いまでやりました。でももう、三年ですよ。期待するのはとうにやめています。こうして先生に話すだけでも情けなくなって……」

 そういって泣きだした。

 私のためにわざわざ出向いてもらったうえに、いやな思いまでさせてしまい、申し訳ないことをしてしまったと反省したが後の祭りだった。

 Fさんはその後まもなく退院し、私の担当を離れた。

(中略)

その後、Fさんを思い出すことはなかった。(164ぺージ)
…………………………………………………………………………

大林先生は、自覚なさっていないようですが、とても良いカウンセラーのようです。「彼女はほとんどひとりでしゃべった。」とありますが、人の話を聞くというのは辛抱がいることです。大林先生は、Fさんの奥さんに自分の気持ちを好きなだけ吐き出させて、受け止めてあげたのです。

この面接、実質的には『カウンセリング』が、Fさん夫婦の関係を大きく変えていくとは、このときは誰も予想していなかったようです。

その後Fさん夫婦がどうなったか、くわしくは、ここには書きません。なぜなら、本一冊を出すのには執筆者他の知的労働があってのことですので、読み所を全部インター・ネットで無料で公開してしまったら申し訳ないというか、権利者に損失を与えることにもなってしまいます。

このぺージは、あくまでも、気に入った本、参考になる文献のレビュー(書評)の範囲で、また、心理療法やカウンセリング、心療内科や精神科の治療について考えるために書いています。

くわしくは、実物の本でお読みになって下さいね。男女関係にはかつての親子関係が色濃く影響するという点で、とても興味深いケースです。


『幸せの絆を求める女たち―心療内科の診察室から』大林正博著・アマゾン紹介リンク

この本の内容

第3章 ボーダーラインケース(境界例の症例)(1/12)

第7章 抑うつ状態(2/12)

第6章 反応性うつ病(3/12)

第1章 神経性過食症(4/12)

第2章 神経性食欲不振症(拒食症)(5/12)

第10章 人の意向にばかり合わせるくせがある(6/12)

第9章 自律神経失調症(7/12)

第8章 過敏性腸症候群(8/12)

第5章 パニック障害(9/12)

第4章 対人恐怖症(10/12)

第11章 解離性障害(11/12)

エピローグ そして誰もが絆を求めている(12/12)


ぺージトップへ

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク