性格判断テスト

テストを試されるときには、飾らず気楽にありのまま正直に答えてみましょう。

気軽にできる自己分析の一助としてお役立てくだされば幸いです。


            自分発見テスト エゴグラム

CP
人の言葉をさえぎって、自分の考えをのべることがありますか はい いいえ どちらでもない
他人を厳しく批判するほうですか はい いいえ どちらでもない
待ち合わせ時間を厳守しますか はい いいえ どちらでもない
理想をもって、その実現に努力しますか はい いいえ どちらでもない
社会の規則、倫理、道徳などを重視しますか はい いいえ どちらでもない
責任感を強く人に要求しますか はい いいえ どちらでもない
小さな不正でも、うやむやにしないほうですか はい いいえ どちらでもない
子供や部下(若い人は後輩や年下のきょうだい)を厳しく教育しますか はい いいえ どちらでもない
権利を主張する前に義務を果たしますか はい いいえ どちらでもない
「…すべきである」「…ねばならない」といういいかたをよくしますか はい いいえ どちらでもない


NP
他人に対して思いやりの気持ちが強いほうですか はい いいえ どちらでもない
義理と人情を重視しますか はい いいえ どちらでもない
相手の長所によく気がつくほうですか はい いいえ どちらでもない
他人から頼まれたらイヤとはいえないほうですか はい いいえ どちらでもない
子供や他人の世話をするのが好きですか はい いいえ どちらでもない
融通がきくほうですか はい いいえ どちらでもない
子供や部下(若い人は後輩や年下のきょうだい)の失敗に寛大ですか はい いいえ どちらでもない
相手の話に耳を傾け、共感するほうですか はい いいえ どちらでもない
料理、洗濯、掃除などがすきなほうですか はい いいえ どちらでもない
社会奉仕的な仕事に参加することが好きですか はい いいえ どちらでもない


自分の損得を考えて行動するほうですか はい いいえ どちらでもない
会話で感情的になることは少ないですか はい いいえ どちらでもない
物事を分析的によく考えてから決めますか はい いいえ どちらでもない
他人の意見は賛否両論を聞き、参考にしますか はい いいえ どちらでもない
何事も事実にもとづいて判断しますか はい いいえ どちらでもない
情緒的というよりむしろ論理的なほうですか はい いいえ どちらでもない
物事の決断を苦労せずに、すばやくできますか はい いいえ どちらでもない
能率的にテキパキと仕事を片づけていくほうですか はい いいえ どちらでもない
先(将来)のことを冷静に予測して行動しますか はい いいえ どちらでもない
身体の調子の悪いときは、自重して無理を避けますか はい いいえ どちらでもない


FC
自分をわがままだと思いますか はい いいえ どちらでもない
好奇心が強いほうですか はい いいえ どちらでもない
娯楽、食べ物など満足するまで求めますか はい いいえ どちらでもない
言いたいことを遠慮なく言ってしまうほうですか はい いいえ どちらでもない
欲しいものは、手に入れないとすまないほうですか はい いいえ どちらでもない
「わあ」「すごい」「へえ」など感嘆詞をよく使いますか はい いいえ どちらでもない
直感で判断するほうですか はい いいえ どちらでもない
調子に乗ってはめをはずすことがありますか はい いいえ どちらでもない
怒りっぽいほうですか はい いいえ どちらでもない
涙もろいほうですか はい いいえ どちらでもない


AC
思っていることを口にだせないほうですか はい いいえ どちらでもない
人から気に入られたいと思いますか はい いいえ どちらでもない
遠慮がちで消極的なほうですか はい いいえ どちらでもない
自分の考えをとおすよりも妥協することが多いですか はい いいえ どちらでもない
他人の顔色や、言うことが気になりますか はい いいえ どちらでもない
つらいときでも我慢してしまうほうですか はい いいえ どちらでもない
他人の期待にそうよう過剰な努力をしますか はい いいえ どちらでもない
自分の感情を抑えてしまうほうですか はい いいえ どちらでもない
劣等感が強いですか はい いいえ どちらでもない
現在「自分らしい自分」「本当の自分」から離れているように思いますか はい いいえ どちらでもない


以上でテスト終了です。
お疲れさまでした。

では次に集計です。

質問の表の左上の、CP NP A FC AC の各項目ごとに合計してみましょう。

「はい」は2点、「いいえ」は0点、「どちらでもない」を1点として数えます。

 各項目の合計点  CP__ 点 NP__点  A__点  FC__点  AC__点


次に、ノートやレポート用紙など、罫線のある用紙で下の図のような簡単な折れ線グラフにします。

それぞれの得点のところに、5カ所黒丸●をつけます。その●どうしを結びます。

この折れ線グラフが、あなたの対人関係の形をあらわすグラフになります。


ちなみにこれは管理人のものです。
参考:管理人2004年6月のエゴグラム


私のエゴグラムは、NPを頂点としたなだらかな「へ」の字になっていますね。
これは典型的な「健全タイプ」になるそうです。

もう一つ、同じ交流分析でも、M型になるのが理想とするテストもあります。
そちらの方は、質問の文章がこれとは違うものです。

また、本家本元のアメリカでは、Aが一番高くなるのが理想とされています。


なお、このグラフは、そのときの性格をグラフにしたもので、人との交流のパターン、
つまり性格が変われば、このグラフの形も変化します。
私も、昔の自分を思い出して採点してみると、CPとACがかなり高く、FCが低かったものです。

高いCPは、懐疑的・批判的で、義務とか理想にこだわる、几帳面・まじめ。
その反面、ACが高いのは、自分が何が好きかもわからず、適当に息抜きすることもへたでした。
他人に抗議すら、うまくできませんでした。人に合わせることしかできなかったのです。

今はちがいますよ。その解決策は、またべつのページでのべるとします。(^^)

CP、NP、A、FC、AC、それぞれは、「交流分析」の用語の頭文字です。



   交流分析メモ

交流分析は自己分析の方法なのですが、
この交流分析について、背景をちらっと説明しておきますね。

由来をずーっとたどっていくと、
フロイト(西暦1856年〜1939年)が創始した精神分析までいきつきます。

人ひとりの人間の心理を徹底的に解明しようとする精神分析は、
そのままの形では難解で
治療にも年月と多額の費用がかかりすぎる、

というわけで、

精神分析をもっと一般的にわかりやすく、すぐに実地に応用できるように改良したのが、
アメリカのエリック・バーン博士が創案した交流分析
(TA・Transactional Analysis・トランズアクショナル・アナリシス)なのです。

1970年、池見酉次郎教授がアメリカから日本にこれを持ち帰り、
杉田峰康教授が九州大学心療内科の臨床の現場において、
日本人向けに改良をくわえ構成しなおされたのが、交流分析と呼ばれています。



CP、NP、A、FC、AC、それぞれの意味は

CP = critical parent クリティカル・ペアレント
   批判的な親。厳しい父親のように社会のルールを守らせ、
   従わないときには罰してでも従わせる心。
   職業イメージは警察官・裁判官。

NP = nurturing parent ナチュアリング・ペアレント
   養育する親。優しい母親のように寛容で、許し、保護し喜んで世話をやく心。
   職業イメージは看護婦(士)さん・保母さん・家政婦さん。

A = adult  アダルト 
   落ち着いた大人。感情に流されない、理性的・知性的な心。
   職業イメージは、科学者。感情のないコンピュータにもたとえられる。

FC = free child フリー・チャイルド
   自由な子供。感情や欲求をそのまま表現し、好きなことに熱中する心。
   遊びに夢中になっている元気で健康的な子供のイメージ。

AC = adapted child アダプテド・チャイルド 
   順応した子供。環境に自分を合わせ、大人の言いつけに従う「イイ子」の子供の心。
   FCの点数とACの点数は反比例する傾向があります。
   FCが低い人はその分ACが高くなります。

   ACが突出している人は、自分をかなり抑え、無理して周囲に合わせている傾向大です。




この5つの性質は、長所にも短所にもなります。
下は、それがプラスにはたらいた場合と、マイナスにはたらいた場合を表にしたものです。

  父親的なCP  母親的なNP  理知的な  自由なFC   順応したAC

 理想の追求
 良心
 正義感
 責任感
 道徳的


 批難
 叱責
 強制
 処罰
 偏見
 権力支配


 思いやり
 慰め
 同情
 保護的
 寛容
 承認


 過保護
 甘やかし
 黙認
 おせっかい
 干渉


 合理性
 理知的
 情報の収集
 分析力


 観察力
 冷淡
 人情味がない
 自己中心
 物質万能主義

 天真爛漫
 自由な感情表現
 直感力
 積極的
 創造的


 衝動的
 傍若無人
 無責任
 気まぐれ

 素直
 忍耐
 感情の抑制
 妥協
 遠慮
 従順


 自主性の欠如
 臆病
 消極的
 引きこもる
 隠された敵意
 効果のない反抗


私たちはこの5つの心を持っています。

大事なのは他の心とのかねあい、グラフの形、全体的なバランスです。

交流分析は手軽にできる自己分析のツールですが、
深いトラウマを抱えた人には、自律訓練法とならんで、あまり効果が期待できないようです。



参考文献   自分発見テスト エゴグラム診断法 日本大学心療内科 桂戴作著 講談社文庫

記事ページにもどる
ホームへ