心療内科医と境界例患者とその両親&プラアイ効果・旅を楽しめる(87号 2006・7・9)

こんにちは。平井です。

心療内科医の大林正博先生が書かれた、
『幸せの絆を求める女たち 心療内科の診察室から』
という、じみーなタイトルの(^^;本があります。

『幸せの絆を求める女たち 心療内科の診察室から』について 平井のたっぷり書評ぺージをさっそく読む!

飾り気がなくご誠実なお人柄がしのばれる先生で、
真摯に患者さんと向き合う姿が多く載っていたのですが、しかしその先生にして、
患者さんが訴える内容や態度の意味が理解できない様子が描かれていました。  

どれも、私には、患者さんたちが何を伝えたいのか、
すんなりと理解できました。

自分が実際にかかったことがあるから、
どういうことを言っているのか、言いたいのか、
微妙なニュアンスまで、よくわかるのです。 

 
実際、メールセラピーをやっていて、驚かれます。 

あれだけの(短い)文章でよくここまでわかりますね?とか、
私よりも私の言いたい事がわかっていらっしゃるのですね?など。

相談者の方が、自分だけは他の人と違っていると思っていたり、
誰にもわかってもらえないと思っていたことに、
明確な位置づけをしてあげると、そのことだけでも、
心の居場所ができるようです。

むろん、これだけで回復することはないので、
他にもいろんなスキルをつかっていますが、
心の中を言語化して誰かと共有する、というのは
安心感をもってもらって、変化を早めるための、最初のキーなのです。

 

不安神経症(不安障害・ノイローゼ)は治る

IYさんは、軽い対人恐怖症や、身体症状、そして親子関係で
未解決の問題があった方です。

『プライベート・アイズ』で学んで実践し、
メールセラピーを受けてから、またいちだんと明るくなりました。 

ご紹介します。

------------------------------------------------------------

こんばんは。
メールでアドバイスをいただいてから、
確実に元気に回復できていることを実感する毎日を送ることができ、
大変感謝しています。

先日は、家族で日帰りバス旅行に行ってきました。
クルージングランチ後、観光つきというものでした。

朝5時起き、帰宅は夜10時前というスケジュールでしたが
何の不安もなく一日を楽しく過ごすことができました。

この旅行も、しぶしぶ行くことにしたですが、
行ってみると、楽しめたのでびっくりです。

うれしかったので思わず報告してしてしまいました!
本当にありがとうございました。

------------------------------------------------------------


・・・平井です。(^^) 
IYさんの活き活きとした表情が目に見えるようです。(^^) 

これを読んでいる方のなかには、「旅行が楽しいなんて、
そんなの当たり前じゃないか?!」と訝(いぶか)しく思う方もいるかもしれませんね?!

心の不安があると、旅行に行っても全然楽しめないものなのですよ。
何をみても、どこに行っても、何を食べても、
心が健康で安定していなければ、自分がそこにいないのと同じ。
楽しさも良さも解放感も味わえないのです。

IYさんの嬉しい気持ちは,
今まで誘われても楽しくない、人と一緒にいてもつまらない、
内面の不安のほうに気をとられていたのが、
そんなことを気にしなくてよくなった、
新しい元気な自分への驚きも混じっているのです。
 

心療内科医とボーダーライン(境界例)

さきほどご紹介した、心療内科医が書いた本『幸せの絆を求める女たち』を読んで、
専門家との会話がいかに人の心を休め、癒すことができるのか、
あらためて認識しました。

ときには薬の力も借りるし、自律神経訓練法やフォーカシングなど、
多少の技巧も使うけれど、人の心を癒してくれるものは、
やはり、治療者という名の、人との交流のなかにあるようです。 

ちなみに、治療的な目的で話を聞くのには、技術がいります。 
素人が話を聞いてあげるのは悪くはありませんが、
あまりに近しい人の場合、また、無償で助けようとする場合も、
なかなか変化が現れにくいようです。  

さて、

この本のほとんどのケースにおいて、
成育環境や家庭に問題がみられました。 

以下、『幸せの絆を求める女たち』書評(1/12) として、
ホームぺージに新しくアップした記事を転載します。

______________________________________________________________________

埼玉県大宮市で「心と体のクリニック」を開業している院長先生が、
研修医時代からの経験をありのまま語ってくださいました。

朴訥な青年だった研修医が、患者さんとの出会いによって、
医者として一人前に成長していく姿が見て取れます。
権威をかさにきたところがないので、その点は安心して読めます。

以下、大林先生が臨床経験した時系列順に読んでみました。

第3章 ボーダーラインケース
「私なんてどうでもいいと思っているでしょう」26歳Y子女性

ボーダーラインケース(境界例)という言葉は、神経症(不安障害・ノイローゼ)よりも病んでいるけれども、
精神分裂病(原文では精神分裂病と書かれていますが、現在の呼称は統合失調症で
統一されています)ほど人格がおかされていないという意味でつけられたようです。

ボーダーラインの症状から見た診断的特徴は
以下、抜粋
------------------------------------------------------------
1 アイデンティティの混乱
2 対人関係における安定感がないこと 
3 怒りのコントロールができず、衝動的な行動に走ること 
4 孤独に耐えがたいこと
5 自傷行為があること 
6 慢性的な空虚感、退屈感があること(73ぺージ)
------------------------------------------------------------

ボーダーラインの患者さんは治療が困難とされています。
それはボーダーライン(境界例)の人は、誰かにベタベタに甘えたい、思い切り、
自分のすべてを預けてしまいたい!という欲求が大きすぎるからです。
「自分は受け入れられない人間だ」という思い込みが強いので、
なんとかこの孤独感を癒したくて、
自分のどんな要求もすべてを受け入れてくれる人を求めてやまないのです。

そして、少しでも受け入れてもらうと、今度は疑いの念がわいてくる。
わがままを言っても受け入れてくれるのか?を試そうとする。

しかし、ボーダーラインの人の要求は度を越しているので、
治療者も最初は受け入れていても、音をあげてしまう場合が多い。
ここで、ボーダーラインの人は、「私はやっばり誰からも受け入れてもらえない
愛されていない人間なのだ」という自分の思い込みを、絶望にまで強化させてしまうのです。

このY子さんは、以前は保護室があった精神病院に入院していたのですが、
他の患者さんや看護婦さんを困らせて保護室に入れられていました。

保護室は個室なので治療費が高く、定年退職した父親の経済的負担が大きかったことと、
看護婦さんから他の病院を探すようにほのめかされたことで、
今の病院に転院してきたという経緯がありました。

Y子さんは一見ひ弱そうな印象でしたが、大林先生に自分の性的な体験を打ち明けたあと、
問題患者になってしまいます。夜になると自宅に電話しようと公衆電話の受話器を放さなかったり、
看護婦にしがみつき、「死にたいんです」「退院させて下さい」と困らせたり。

看護婦さんが誘っても乗って来ないで、大林先生が誘ったので参加した、
患者主催のボウリング大会では、その場に溶け込んでいたように見えたのですが、
その帰り、大通りを歩いているときに急に車道に飛び出します。

車に轢かれないよう歩道に引き戻そうとしたケースワーカーと大林先生に激しく抵抗し、
「殺される! 助けて!」と大声で叫びはじめました。

二人の男に腕をつかまれて逃げようとする若い女性の姿に、
走っていた車が急停車して、なかから男性がゴルフのクラブを振りかざして
飛び出してきました。そばにいた女性スタッフが「やめて! 違うんです!」と叫ん
だおかけで誤解が解けたものの、その後も同じようなことが何度も繰り返されました。

まわりを振り回してしまうボーダーラインに限らないのですが、
アダルト・チルドレンの多くは、子供の時期の、親に甘えたい盛りの欲求が
十分に満たされていないのです。
または、適度に叱られたり、たしなめられたりしていないのです。

そこで、いい大人が、親代わりになってくれる人間を世の中に求めて探し回ってしまう。
でも、子供時代は一度きり。やり直しはできないのです。
最初からないものを探し回ってしまうのですから、願望が満たされることはほぼ不可能なのです。

よっぽど辛抱強く理解ある異性が現れて、その人の要求を全部のみ続ければ別ですが、
現実問題として、治療の場で、医者や看護婦に求められることではありません。

悪意はないのですが、自分が責任ある大人である自覚がなく、
周囲への影響を考えて行動を抑制することもできないのが、
ボーダーラインケースといえると思います。

以下の部分は、Y子さんの問題行動です。
彼女は夜間看護婦さんが患者さんに薬を配るときに甘えてじゃれつくのでした。

------------------------------------------------------------
あるベテラン看護婦は「先生、昨夜は頭の黒いコアラが私の腕からずっと離れなかったんです。
しかたがないので、私はコアラを引きずりながら薬を配りましたよ。
体力には自信がある私ですけど、さすがに疲れました」と笑いながら私に話しかけた。

私は主治医としてなにも役立っていない自分を感じ、返答に困ってしまった。
こうした出来事が収束する兆しもないため、開放病棟しかないこの施設の
限界を超えた症例ではないか、という意見も少数派ではあったが出はじめた。
------------------------------------------------------------

これは、家族関係の再現といえます。

心理療法の場面では、治療者と患者さんの間で、親子関係が再現(再演)されることが
めずらしくありません。

Y子さんは、ベテラン看護婦さんを自分の母親のように感じていて、
看護師さんが他の患者さんの世話(仕事)をしようとすると、
「いや!自分のことだけを見て!」とアピールしていたのです。

大林先生は病室で顔を見れば「先生、殺してください」と白衣の袖をつかまれ、
主治医としての慰めの言葉もうまくでない。他の患者さんから可愛がられ、
楽しそうにしているときもあったY子さんの、問題行動がいっこうに止まないため、
(新米)医者として挫折を味わっていくうち、精神的に参ってきます。

夜中に目がさめる。そのまま寝つけない。食欲もない、なにをやるのもおっくう。

------------------------------------------------------------
自分を苦しめたのは自分に覆いかぶさる気分であった。それは自分は
なにもできないのだという無力感や、虚しい試みをしているという気持ち。
そして、普段、当たり前だとしてほとんど省みることのなかった、
人間に対する素朴な信頼感のようなものが、脅かされ、自分が寄りかかっていた基盤が
不確かなものだったと思い知らされる不安感であった。(90ぺージ)
------------------------------------------------------------

この当時研修医だった大林氏にY子さんを受け持つことを指示した上司の指導医は、
最初からY子さんのことはボーダーラインとして治癒は難しいとみていたようです。

ここで、Y子さんに難題を直接突きつけます。
「殺してくださいといわないこと。病院の行事に参加すること。
それができなければ退院すること」

数日後、強制退院が宣告されました。父親が彼女を引き取りに来院し、
百日あまりの入院をこうした形で終わらせた病院にたいして、
不服はいっさい言わず、迷惑をかけたと恐縮するばかり。

退院してまもないある日。Y子さんはご両親が買い物からもどってきて、
自宅があるマンションを通りから見上げ、三階のベランダにいる自分の姿
を認めたことを確認すると、首をつりはじめました。不幸なことに、
この日はいつも持って出る自宅の鍵をふたりとも忘れていたのです。
管理人にドアを開けてもらったときにはすでに手遅れでした。

葬儀から何週間か過ぎて、ご両親が来院。
Y子さんが書いていた日記のコピーを持参し、
「先生の研究のお役に立つかもしれない」と置いていきます。

このY子さんの日記のなかで、私(平井)からみて、母親がY子さんにたいして、
過度に批判的だったのではないか?とうかがわせる部分がありました。
-------------------------------------------------------------------
母と電車を待っている間、私が「毛糸編みでもはじめようかなあ」と言うと
母が「あんたなんかだめよ。この前の帽子でもそうじゃあない。お父さんだって
かぶろうとしない」と言ったので急に腹が立って、母をぶった。
隣には人もいたけど、電車に乗ってからも思い出してまた母をぶった。
-------------------------------------------------------------------

うまく言い返せないY子さんもどうかなとは思いますが、なぜY子さんのお母様は、
こうも頭ごなしにあんたなんかだめよとぴしゃりと否定したのでしょう? 

自信をなくしている娘を、大きな目で見守ってあげなかったのでしょう? 
なぜ、「どんな形でもいいから、なにかやってみなさい」と励ましてあげ
なかったのでしょう? 

あるいは、「あの帽子、すごくヘンな形で、面白かったわよね?」と、二人で
笑いころげたりする軽さや一体感やユーモアがないのでしょう? 
このようなささいな日常の一こまにも、子供の心を病ませる要因がみえるのです。

このお母さん自身が、コンプレックスが強くて、子供の良いところを是認して
あげられなかったのではないでしょうか? 夫(Y子さんの父親)の話によると、
すぐにカンシャクを起こすし、夫の会社の上司に電話して「夫がかまってくれない。
注意してほしい」といってみたり、お給料は半月で使い切ってしまうし、また、
Y子さんが入院中も、退院するときも、なにかあるといつも父親が来院していたのです。

娘と、父親の愛情を本気で張り合うような、精神的に幼い母親をもったとしたら、
娘は精神的に苦労していたはずなのです。

子供をその子供自身でいられなくするほど、我執の強い親は現実にいます。
次にあげる、Y子さんのお姉さんの話は、機能不全家庭に育つ、一人のアダ
ルト・チルドレン(ここではY子さん)の言動として、象徴的です。

以下、Y子さんのお姉さんの言葉です。
------------------------------------------------------------
「Y子はとても素直ないい子でした。私は小さいころから母とは
よく衝突しました。家を出るときは大げさでなく、母を蹴飛ばして
出ました。それぐらいしないと自分が保てなかったのです。

両親はよく口論をしていました。私はできるだけかかわりにならな
いように、意識的に無視しました。それができないときは、ふたり
をどなりました。『私のいないところでやって』とか。

でもY子はしませんでした。両親が口論になるのを彼女はとてもい
やがりました。口論を怖がり、口論の最中はおろおろしていました。
そしてなんとか、けんかにならないように、仲をとりもとうとしま
した。もちろんそれは成功しませんでしたけど」

―― 以上、『幸せの絆を求める女たち 心療内科の診察室から』より、引用


------------------------------------------------------------

蹴飛ばして振り切らないと、娘が自分を保てないほど娘を強く支配しようとする母親。
メルマガ77号『母と娘の精神的な近親相姦』の項目に引用した、
『だから母と娘はむずかしい』の訳者、夏目幸子先生が指摘した異常な家庭と似ています。

「夫とカップルをなすことに失敗した母親」がいて、
「母親を振り切らなければ、娘に『生』はない」というなら、『生』は、Y子さんの場合は、
生命の生、だったのでしょうか・・・

Y子さんのお姉さんの話から、両親のいさかいがたえなかった、
病んだ家庭を、大切に保とう、守ろう、ふたりをなんとか仲良くさせようと、
子供心に家庭の平和を願っていた、いじらしいY子さんの姿が痛々しいです。

同じきょうだいでも、お姉さんのほうは、自分には関係ないとシャットアウ
トして拒絶し、しがみつく母親を振り切って家を出ることもできた。精神を
病むのは、純粋で優しい、他者への気配りが細やかな、関係性に敏感な子で
あることも、またひとつの事実です。

ボーダーライン(境界例)患者が育つ家庭は、父性が弱いような気がしています。
父なるものとは、子供を鍛えたり、厳しく突き放したり、欲求をときには我慢して
社会のルールに従うことを強制する面をもっています。

この父親的な役割は、必ずしも性別のことではなく、母親が、父なるものであっ
てもかまわないわけですが、いずれにしろ、子供には、ある程度は他者に合わせ
ることも教えておかないと、その子供自身がうまく社会に適応できなくなります。

父親が甘く受け入れてくれる一方で、母親がカンシャクもちで、思い通りになら
ないとすぐに欲求不満を父親にモロにぶつけて罵倒し、そして父親も、それにたいして、
感情的に反論するなかで育った子供が、社会にうまく適応できない、
人ともうまく関係をつくれないのも、とくに不思議なことではないと思います。

―― しかも、父親はY子さんに自分の味方をしてもらうのを喜んでいたのです。
子供にはこういう役割をさせないよう、大人は気をつけなければいけません。――

子供の心が健康に育つ条件は、夫婦仲が良くて、家庭が平穏で安定していることです。

子供時代を子供らしく暮らせなかったアダルト・チルドレンに必要で大事で有効なのは、
グリーフワークだと思うのです。グリーフとは、深い悲嘆のことをいいます。

アダルト・チルドレンに必要なのは、かつて与えられてしかるべきだったのに、
与えられなかった愛情や世話や関心を知り、嘆き、手放していく作業です。
この過程をへて、人は短い時間で自分を育て直し、強くもなれるのです。

『プライベート・アイズ』セミナーでは、このグリーフワークを、
日常生活のなかで無理なくできる方法をお教えしています。
 

この本の、残り全部の章についても解説を試みました。
『幸せの絆を求める女たち 心療内科の診察室から』
→  アマゾン書店に行ってこの本の情報をチェックする
→ この本について、平井のボリュームたっぷり書評を読む

______________________________________________________________________

■ お願い・注意事項 ■
______________________________________________________________________
 

●お友だち・お知り合いへの全文転送は大歓迎です。
心の不安を抱えた方、心の健康に興味がある方に教えてあげてください。

●このメルマガの内容についてお寄せいただいたメールは、
ご本人に確認することなく、個人が特定できないよう配慮したうえで、
掲載される場合があります。

●転載・引用される場合は、出典として、このメルマガのタイトルとURL
http://www.mag2.com/m/0000113055.htm を必ずそえてください。

--------------------------------------------------------------------
メルマガ 本当の自分がわかる心の技術 安らぎと治癒の自己改革
発行者  グリーニング・ランド 平井 瑛子(ひらい・ようこ)
ホームページ http://hiraiyoko.com/
____________________________________________________________________

【メルマガ解除・変更画面】コチラです。処理はご自身でお願いします。
http://hiraiyoko.com/seminar.html

解除できない場合は、各サイトにお問いあわせください。
_____________________________________________________________________


<前>マザーテレサとアサーティブネス・魂の救済(86号 2006・6・11)
<次>うつ病と精神科と霊の憑依の関係(88号 2006・8・10)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク