子供の教育&アファメーション&摂食障害と自愛(57号 2005・4・1)

世界に一つだけの花

●子供にこの世を生きる力を与える教育

世界に一つだけの花、というヒット曲がありますね。

私はこの曲を最初に聞いたとき、感動しました。

ちなみに歌詞の内容は、「花屋さんに並んだ花はみんな、どれもきれいで、それ
ぞれに誇らしげ。なのにどうして人間は比べたり競ったりするのか? みんなそ
れぞれ違っていいのに。みんなそれぞれが生れつきオンリーワンだよ」のような
感じです。 

しかし、ここにひとつ、落とし穴があります。(;^_^A

花たちに、生き生きとした生気(せいき)を与えているのは、花そのものがそう
咲いているというよりは、人間がそうしているのです。 

おそらく作詞家が見た花屋さんは、都心のしゃれたフラワーショップなのでしょ
う。ガラスケースのなかの花も、バケツのなかの花も、みんなどれもきれいなの
は、ごく当たり前なのです。きれいな花ばかり選ばれて運ばれてきているからで
す。

花も商品。ペットショップのペットも商品。
(^^;)

花は、花屋さんの店頭に並ぶまでに、どれだけ選別されるか。。。栽培農家の手
によって、種のとき、芽が出たとき、つぼみを持ったときなどなど、何度も選別
されているはずです。
市場に出荷されるとき、市場で競りにかけられるときも、それもまた選別にかけ
られているわけです。

だから、この歌で歌われている花屋さんの花は、たとえば、人間でいえば選りす
ぐりのエリート集団なわけです。誇らしげで当然なのです。(^^;

きれいでない花は、どこに行ったのでしょう? きれいでない花は、存在しない
のでしょうか? 

いいえ、あまりきれいでない花も、あります。きれいに咲きそうでない花は、商
品価値が落ちるとして、買いたたかれます。カジュアルフラワーとしてまとめて
安い値段で束で売られるか、高級な?花屋さんでは最初からそういった『劣った
花』は仕入れないようです。(^^;
 

この歌は、「他人と比べなくてもいい、一番にならなくてもいい」と優しく慰め
てくれますが、きれいじゃないから、いらないよと断られたり、選ばれずに、花
屋さんの店頭にまで流通しない、その他の花のことは、視野に入っていません。
最初から、この歌に登場していないのです。

あっ、今、こんなネガティプなメルマガなら解除するって思いましたか?(^^; 
ちょっと待ってください。まだ続きがあるので、もう少しご辛抱を。(笑)

若い人や中学生ぐらいの子供たちへのメッセージがあります。
大人が子供に向かって、世の中の現実を知らせず、砂糖菓子のような甘いお
とぎ話だけを聞かせておくことは、子供の苦しみを増すだけということもあるの
です。

じっさい、私が子供時代、もっとも苦しかったのは、親から抑圧されたというこ
とだけでなく、親という存在にたいして、理想化された話ばかり聞かされたこと
が、苦しさを倍増させました。

親は絶対に間違っていないという神話が、私を長い時間責め苛んだ、
といっても過言ではありません。

子供には、つらい現実でもありのままのことを(気遣いをしながら)教えてあげること。
それが、生きるための本当の教育だと思います。

育った環境によって、人がもつ思想はさまざま。
当てはまるかどうかはご自分で考えてください。


セルフエスティームとアファメーション(深層自己説得)

さてさて、

さきほどの続きです。

花に向かって、「きれいだ」「必要だ」という価値を与えているのは人間で、
きれいな花が幸福そうに見えるのは、人間に価値を認められているからだと言いました。

では、人に認められなければ、私たちはそれに甘んじるしかないのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

私たちは、自分で「自分はこういう人間だ」と決定する自由があります。
なりたい自分になれる権利があります。なりたい自分に変わっていく能力が
あります。変われる自信がないのは、自分の潜在能力や可能性を低く見積もりす
ぎているからです。 

あなたは、自分の素晴らしさを知らないのです。これからどんなアイデアを授か
り、どんな方法でそれを達成していくのか、何も知らないのです。見えていない
のです。この、まだ見えていないことを現実の上に表現していくべきです。

大切なのは、自分には価値があるのだという考え、それを自分で受け入れ、認め
るということなのです。あなたがいままで周囲の人から粗末に扱われてきたとし
たら、自分でも自分自身にたいして低い価値しか認めていないのです。

あなたには、価値がある。あなたには、他の人と同じ(以上)に、価値がある。

これを受け入れて、ごく自然にそう思えるまで繰り返し納得させていくことが、
アファーメーションです。

何度も否定的な言葉を言われて、それを受け入れてきた回数と時間を、今日か
ら、肯定的な言葉を繰り返し何度も自分に言い聞かせることで、影響を弱め、克
服していきましょう。

アファーメーションとセルフエスティームが、心の健康回復のキーワードです。 

あなたには、価値があります。あなたには、他の人と同じ(以上)に、価値があ
ります。

※ 自己暗示という言葉は、今はアファメーション(深層自己説得)に言い換え
られているようです。 


摂食障害のSSさんの感想

●自分を癒すことと考えることの大切さ

受講生さんから、ホットなメールがまた届きました。

ここから
----------------------------------------------------------------------
平井様、
はじめまして、SSと申します。メール送信デビューなので不安ですが
新しいことをやってみる勇気が持てたので行動してみました。

私は、摂食障害を患って15年になります。
今まで、たくさんの治療機関に行きました。
しかし、いつも対人恐怖がネックになり、1年以上頑張っても、
問題解決の前提条件となる信頼関係を築くことができませんでした。

ですから、プラアイ申し込みの動機に、人と対面せずにできるから
ということが1つありました。

でも、プラアイのテキストを読んで、治療法より何よりも、
平井様の文章から受け取る、優しさ、偽りのなさに、
私の心は、癒されました!!

20代後半の私が言うのも変かもしれませんが、
「この大人は信じられる」って思えたんです。

でも、平井さんを、神さまのように理想化して、
病的に依存したい気持ちとは、たぶん違うと思います。

平井様の優しさによって、私のスネて固まっていた
心の警戒を解かれて、テキストの内容を、子供のような目で
素直に吸収したいな、という感覚を持てたのだと思います。

今まで自分はダメだと、力ずくで心を変えようと鞭打ってきたのですが、
私にまず必要だったのは癒しだったみたいです。

それを教えてくれて、本当にありがとうございます!!

また、私は自分の欲求や感情が、今でも感じにくいのですが、
初めて?守りたいもの(自分に宿った安心感)ができました。

まだ弱い感覚ですから、今は毒のあるものから、なるべく遠ざけて、
今度こそ自分を裏切らないように大切にしたいです。

自分の守りたいという情熱の感覚を知ることで、相手に共感ができて、
自然と折り合いたい気持ちがわくのかなーと思いました。
実際の人間関係はもっと難しいのかもしれないけど。

平井式ブレーン・ストーミング、5日間試しました。

潜在意識に近づいていくのは難しいなーというのが感想ですが、
問題を「考える」という感覚を知ることができました!!

これまでも、自分自身の問題を考えていたつもりでしたが、
プラアイのやりかたと比べてみると、ただ思考が上滑りしていて、
同じところをぐるぐると堂々巡りして悩んでいただけだったようです。

これからテキストに沿って、
ゆっくりと確実に、心の健康の回復に取り組んでいきたいです。

長文、失礼しました。それではまた。 
----------------------------------------------------------------------
ここまで

SSさん、メールありがとうございました。感謝します。

テキストを参考に、これからしっかりと治していく気持ちになったのですね。
その気持ちがとても大切です。

ちょっと気になるのが、
「潜在意識に近づいていくのは難しいなーというのが感想」
とあることです。
少し急ぎすぎている可能性があります。

平井式ブレーン・ストーミングは、正しくやれば、たくさんの情報が取れて、
それから自己分析が進んでいくきっかけになる、大事な最初のステップです。

一部のプラアイ受講生さんが陥りやすいミスが、
トラウマを探すことを、最初で最後の最高の最大の目的にしてしまうことです。

SSさんは文面から拝見したところ、あまりこだわりすぎていないようですし、
考えることの大切さを理解されたようですので、問題はないようです。

※ 2006年9月現在では、無料メールサポートのかわりに、
「使用上の注意とアドバイス」を添付していますので、
プラアイを参考に自己心理療法(精神療法)を行うとき、
最初からトラウマ探しを至上目的にする方はいなくなりました。
トラウマ探しの手法はもちろん載っていますが、それよりも、
もっと何倍もずっと大切で、心を健康にしていくための秘訣が、
『プライベート・アイズ』テキストに書いてあります。(^^)

プラアイは、どなたにでも無理なくすすめられるように、
きちんと順序立てて系統立ててプログラムを組んでいます。
副作用や反作用がなく、治った後の再発や、別な症状として出る危険もなく、
ご自分の状態をご自分で確認・把握しながら進められます。

プラアイについて、詳細は↓

http://hiraiyoko.com/nh.html

------------------------------------------------------------
■ 免責事項 ■
------------------------------------------------------------

平井はこの場を、公開授業のような感じでオープンにやっています。

平井に寄せていただいたメールは、ご本人に確認することなく、
個人が特定できないように配慮したうえで、掲載される場合があります。
掲載不可の場合は、前もってその旨お知らせください。 

質問や相談については、メルマガ、ホームページなどに掲載されます。
掲載拒否の質問相談には、原則として回答をしておりません。

--------------------------------------------------------------------

発行者 グリーニング・ランド 平井 瑛子(ひらい・ようこ)

ホームページ http://hiraiyoko.com// 
平井への、応援・質問・感想・意見、お待ちしています。 
ご職業、年齢、性別も書いてくださると話が見えやすいです。

■ 免責及び注意事項 ■
無断転載・複製は禁止です。
引用される場合は、出典がこのメルマガであると明記してください。
お友だち・お知り合いへの全文転送は歓迎です。

★ このメルマガの情報利用については、ご自分の責任で行って下さい。 
 情報利用の結果生じた損害等について責任を負うことができません。
_____________________________________________________________________

【解除画面】コチラの下部です。処理は簡単です。ご自身でお願いします。
http://hiraiyoko.com/seminar.html
_____________________________________________________________________


<前>自己分析を深める&無料メルマガとプラアイ講座の違い(56号 2005・3・23)
<次>セルフ・エスティームは家庭で親からつくられる(58号 2005・4・14)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク