心理療法(精神療法)がもつ創造性(54号 2005・2・28)

ドーモ、平井です。(^^) しばらくでした。 

2月が終わります。
今年の1/6を消化して、どんな感じでお過ごしですか? 

今日は、創造力についてのお話しをします。


創造力の本質

〜潜在意識をうまく使って思い通りの人生を送るために〜

創造力というと、あなたはどんな印象を持つでしょうか?

「自分は会社員(または専業主婦?)だし、創造力とはとくに関係ない」
と思っていますか?

創造力が必要なのは、芸術家や、テレビやラジオの番組制作・企画とか、
有形・無形の何かを作る職業だけで、ご自分とは無縁のように感じています?
(^^) 
世の中のほとんどの方は、同じような意見かもしれません。

でも、必ずしもそうではないのです。

あなたが、何か欲しい物や、こうなったらという願いがあるとします。
その希望や願いを、現実の上に、実際の現象として起こしていく。

それが、まさに、あなたが生まれもつ、創造主としての力なのです。 


創造主なんていうと、キリスト教?みたいですが、(^^;;;
でも、あなたがふだんもっている思考こそが、
あなたの現実にたいして、強い影響を与えていくのは、事実です。

あなたの目の前や、身の上に、環境のなかに、
新しいものや、好ましい状態を起こして、手に入れて楽しんでいく、
それが、あなたの人生を『創造』していく、ということなのです。


心理療法(精神療法)はクリエィティブ

心理療法というものは、意外にも、かなり創造的です。 

なぜなら、相談者の人生のなかに、どんなアイデアを、
どこに定め、どのように育てていくか、これは、
その方によく合うものを探さなくてはなりません。
(^^) 

心の病気や症状は、その人にとっては異物で邪魔にしか思えないかもしれませんが、
潜在意識が発しているメッセージであることが、少なくありません。
「心の叫び」とも言えるのです。

だから、病気だけを、鉛筆やシャープペンで書いた『間違い』のように、
ゴシゴシと消せばいいというものではないのです。

心の病気が治っていく過程は精妙で、ひとことでは言えませんが、
押し込めていたことを吐き出してもいいのだと、
しかもそれでも生きていけるのだと識(し)ったとき、
病気という形でしか、抵抗できない自分は消えます。

症状は自分を苦しめる重荷ではなく、ただの不用品として、捨ててしまえる。

そのときには、人間的に一回りも二回りも大きく成長していた(!現在完了形)、
となるわけです。(@^_^@)素敵。

この過程をくぐり抜けることこそ、素晴らしく創造的なドラマです。


● 編集後記

今回は軽めに書いてみましたが、いかがでしたか?(@^_^@)

ご感想やご意見を送ってくださいね。
できるだけ、メルマガに反映させていきます♪ 

ひとことでも、声をかけていただけると嬉しいです。 

【★ひとこと】 ここ最近、ユングに少し興味をもっています。(@^_^@)
ユングのいう『神話』とは、個人がここに生きて存在するための
よりどころのようなものだと理解しています♪(o^-')b
 


<前>神経症(不安障害・ノイローゼ)はどれくらいで治るか& 潜在意識は最高に的確な答えをくれた(SNさんの体験談)(53号 2005・2・9)  <次>ドルトが精神分析で発見した乳児期の記憶とは& インナー・チャイルドの癒しとトラウマ&チャイルドは何人?(55号 2005.3.14 )  <精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク