成功を阻む自分の心の障害物を発見し取り除く& 自己分析でわかった意外な事実&父親を慕うインナー・チャイルドの気持ち (49号 2005・1・6)

成功を阻むもの 最大の敵は自分

私たちが何かをしようとするとき、
一番の障害物は、自分のなかにある、恐怖や不安、
「ダメだったらどうしよう?」という、
マイナスの『期待』ではないでしょうか? 

でも、全力投球して、とことん、やれるだけやったら、
もし結果がうまく行かなくても、あきらめがつくし、
悔いはないはずです。 

また、ただ失敗で終わるのではなく、
違う新しい展開が開けてくることも、めずらしくありません。 

皆さんも、今年はこうしよう!という目標を、
小さくても大きくてもかまわないので、立てて、
達成に向けて一歩一歩、頑張りましょう。 

心の障害物を取り除く

昨年12月、達成したいある目標ができました。 

そうなる根拠は後回しです。

 
それで、その目標を達成するために
実際の行動も、少しずつ動いてはいるのですが、

物事を達成するために大事なのは、
「どういう姿勢、どういう状態で、どんな体勢で臨むか」も、
コトを起すにあたっては、とても重要な出発点です。

自分のこころのなかに、
目標達成に向かって障害物になっているものがないか、
徹底的に調べあげていました。 

とはいっても、方法はいたってのんきなもの。(@^_^@) 
例によって、プラアイの手法で、
『全自動自己分析マシン』のスイッチをぽん、と入れ、
自分は他のことをしながら、潜在意識に無意識を探らせていました。 

潜在意識へは、こちらの要求をきちんと伝えることさえできれば、
あとは、ほったらかしにして任せておくほうが、
自分を全面的に信頼してくれたと受け取るらしく、
よく働いてくれます。

そうやって、潜在意識という、忠実で、
しかも私自身よりはるかに優秀な部下に、
私が達成したい願望への、気持ちのなかでひっかかっているものを、
探査装置で探らせて(自己分析させて)おいたわけです。

ん、が驚いたことに、、、、、、

なんとも、今までまったく想像もしていなかった、
これまで生きてきて、一度も自覚した事がなかった、
ものすごく意外な発見をしました。 

自己分析での意外な発見とは?

精神分析で行う自己分析はとても複雑なのですが、
いったん操作になれると私のように
潜在意識に指示を与えるだけでできるようになります。
この手法は『プライベート・アイズ』セミナーでお教えしている方法です。

全自動の自己分析・プラアイツールを使って、
私が気づいた自分自身の深層心理とは、
「私がすんなり成功するのは、おとうさんに気の毒だ」
という気持ちでした。 

エーッ うそウソ!  

\(゜o゜;)/ 

自分でも信じられませんでした。 

私は、今まで自分は、家庭や娘にほとんど関心がなかった、
妻に甘えて尻拭いをさせ、子供に苦しい想いをさせても平気だった、
父親らしさのない、自分勝手な父親のことは、
軽蔑しているとばかり思ってきました。 
憎むまででもなく、軽蔑して、考えないようにしてきました。 

しかし、自己分析のスイッチを押して、
潜在意識からチーン♪と仕上がってきた回答は、
そういう世俗的なことや、人間としての品格の問題とは別に、
純粋に父親を慕っている、小さな娘の気持ちでした。
その子の親にたいする哀れみが、今の自分の考えや言動に強く作用していたのです。

私の父親は、家庭を守るという意識がゼロでしたが、
人に頼まれれば一生懸命働く人でした。 
あんなに一所懸命働いて、たくさん稼いだお金はどこに消えたの?
(友人・知人にホイホイ貢いでしまった)という状況なのです。 

父親を慕うインナー・チャイルドの気持ち

父は、見栄っ張りにつけ込まれ、
人に騙されて貢がされた、自業自得といえばそうなのですが、
私のなかの私は、そういう父親を今までとても不憫に思っていたのです。 

そのことを精神分析するまでずっと気がつきませんでした。
人は、無意識(潜在意識)にあることに気づかなくても生きていけるもの。
でもその中身を知ると生きることが楽になります。

本当の私は、自分でもわからなかったけれど、
父がとても好きだったのです。

大好きな父親が苦労して実りがなかったのに、
自分だけ成功しては申し訳ない……

心の中の、とても深い階層にいる、インナー・チャイルドというか
かつての娘――小学生ぐらい――はそんなふうに感じていたのです。
しかも、その心構えが修正される機会がなかったために、
ずっとそのままで心の底に残っていたのです。

今の自分は、過去にあったできごとと関連しているのです。
子供時代の習慣・経験・記憶と、今の自分が、深い部分で連動しているのです。 

こうしてみると、親は、子供のためにも、
親自身が、幸せな満ち足りた状態でいて、笑顔で満足していることが、
子供の将来のためにも、必須条件なわけです。

家庭が円満で、平和で、夫婦仲がよいことが、基本であり、大事です。 

真理はいつもシンプル、単純なものですね。(@^_^@) 
 

では今回はここまで。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

●編集後記

星がきれいに瞬き、街が雪化粧する冬が大好きです。☆


<前>ストレスを軽減する呼吸法 (48号 2004/12/29)
<次>ロールモデル&インナー・チャイルド&トラウマの再現(第50号 2005/1/18)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク