心理療法個人授業&9歳の子供の心理は大人とほぼ同じである(40号 2004/11/01)

こんにちは。平井です。(^^)ごぶさたしています。 


さて、最近読んだ本で面白かったのを紹介します。


心理療法個人授業

河合隼雄先生の『心理療法個人授業』 です。

この本には、いろいろと臨床的に面白い、よもやま話的なことが、
ジョークまじりに、でも同時にとてもまじめに話されていて、
ついつい、ひきこまれてしまいます。

ロールシャッハ・テストのことも書いてありました。
ロールシャッハテストって、あの、インクの染みでできた、
左右対称の、あやふやな図のことです。

私も、心理学や精神分析を勉強するとき、最初のうちは、
ロールシャッハテストを勉強すれば自分の心がわかるかも、
とワクワクドキドキしたのですが、
残念ながら、期待したほどではなくて、
自分の心理には、ロールシャッハテストだけで把握できない、
まだまだその先というか、もっと深い部分に原因があるのではないかと感じ、
ロールシャッハ・テストは、それくらいにしたのです。

この本では、あとは、箱庭療法の話も興味深かったです。
心とは何か、心理学とは何かということについて面白く読めます。 

箱庭療法といえば……ユング派の大家ですからね。河合先生は。
ユングの学説は、曖昧模糊としたものを
大局的にとらえている感じです。


9歳の子供の心理は大人とほぼ同じである

ハッとさせられたのは192ぺージです。
10歳の子供は、大人とくらべても、
ロールシャッハテストの結果が変わらないというエピソード。


引用ここから 河合先生のお話し 

-----------------------------------------------

それで、実際にやってみると、おもしろい。
子どもなんかに

小さいころからやっていくと、発達的にもだいぶわかる。
おもしろいのは十歳ぐらいでガラッと変わる。
四、五歳の子が言うのと十歳では全然違う。
十歳になると大人並みになります。 

-----------------------------------------------

引用ここまで。 

うーん、それって、よく、わかるなぁ。 
そうです。9歳〜10歳になると、思考のパターンとか、かなり大人に近いです。

私が精神分析で自分の9歳の頃を思い出したとき、
子供だった自分の思考や感情のレベルが、
これくらいだったのだろうと予想していたよりもはるに高くて、
精神分析をしている現在の自分(当時20代後半)と大差なかったことに驚いたものです。

言葉の表現力や、社会的な体験の少なさからくる判断力は別として、
感じたり考えていることというのは、
9歳や10歳にもなれば大人と変わらない。

私の場合、精神分析のことにしても潜在意識のことにしても、
まだ世の中の大勢の人が否定したり認めることができないような、
不思議な個人的な体験やできごとがまずあって、
何年か……または、何十年も後になってから、
エライ人が言ったり、立証されたりして、
世の中の人も認知していく……というパターンがとても多いです。(^^)


______________________________________________________________________

編集後記 

マイ・ノートパソコンのキーボード、たまにはキレイ・キレイにと、
掃除機をかけたら、綿埃(わたぼこり)が、キーとキーのすきまから、
面白いように吸い出されてきます。 

これはいいやと、吸い口を半分手でフタしたまま、
次々と、隠れていたホコリを吸い込み続けていたら、
ぴょ、っ、ひゅ〜ん、ぴこっ、と、濃いグレーの物体が飛んでホースの中に。

        ん? 

キーが一個なくなって地が露出しているではないですか。
掃除機の紙パックから、綿埃をほじって探しましたよー。

しばらくゴソゴソ。やっと見つけました〜。

ゴミにまぎれて迷子になっていた、
『L
  り』 のキーを。(^^ゞ ! 

元通り、うまく、はまって一安心でした。

______________________________________________________________________

発行者 平井 瑛子(ひらい・ようこ)

ホームページ http://hiraiyoko.com/

(いただいたメールは、原則的に、HPやメルマガに使用することを、

 承諾していただいたものとします。それは困るという場合は、あらかじめ

 お知らせください。また、個別の返信ができない場合もあります)  

______________________________________________________________________

配信停止はご自身でお願いします。

http://hiraiyoko.com/seminar.html

______________________________________________________________________


<前>自己啓発や能力開発、性格改善のための精神分析&自己分析を行うには(39号 2004年10月7日)
<次>自分を好きになり心が落ち着いたKJさん&赦すということ&話を聞くことだけでも立派なカウンセリングなのです (41号 2004/11/08)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク