ピグマリオン効果とは(31号 2004/5/11)

 皆さん、お元気ですか。 
 私も元気です。

前回の発行から、すっかりごぶさたしてしまいました。
気分一新してがんばります。

初めて講読して下さった方、継続してくださっている方、
 今後ともよろしくお願いいたします。  

ピグマリオン効果

 皆さんは、石に恋して熱烈に想っていたら、生身の人間に変わったという、
 ギリシャ神話になぞらえた「ピグマリオン効果」、御存知かもしれません。

「よい期待をすることが、期待された人を望ましい方向に変える」
 というお話しです。

アメリカのある小学校で、こんな実験をしました。
 子供にこんなことをするなんて、ちょっと不公平だと思うのですが、
 その中身はというと…… 

 複数の生徒にあるテストを受けさせて、
 テストの成績には全然関係なく、
 ランダム(任意・適当に)生徒を何人か適当に選び、
  わざと担任教師にこう言わせる。 

 「これは、能力がわかる特別なテストなのです。
 ですから、テストで高い点数がとれた生徒は、
 じつはとても能力がある生徒なのです」

 実際のテストの成績とは関係なく適当に選ばれた生徒たちでしたが、
 先生に褒められて自信がついて、自分は優秀だという気持ちになったのですね。
  後日、「能力がある」とされた生徒たちの成績がぐんとのびたというのです。

  のちに、このテストには、不備があることがわかったのですが、
  まあ、アンケートとか、実験とかいうものは、やりようによってかなり
 結果が変わるものなので……。

 でも、期待が人を育てるっていう部分は、認めていいと思うんですね。

 ピグマリオン効果は、学校教育の場面などで引用され、
 「この子はきっと伸びる」と期待してあげることが、
 よい結果を出す典型的な例だとされています。 

 私が高校時代の簿記のA先生も、
 生徒を最大限にほめながら、落ち着いて丁寧に教えてくれました。 
 簿記の教師はもうひとり、Bという先生がいました。
 B先生の授業も、A先生が休みのときに
 受けたことがあるのですが、全然褒めもしないし、あまり
 生徒に教えることじたい、楽しんではいないようでした……。

 その後、どちらの生徒も簿記検定を受けたのですが、
 褒めながら教える先生の生徒のほうが、そうでない先生よりも、
 合格率が何割増しで高かったです。 

 だから、大人の側の責任は大きいですね。
 まだ、どうなるかわからない、成功はまだしていない子供やひとにたいして、
  すでに、うまくいっている様子を認め、期待してあげること。
 ちょっとぐらい失敗しても、ときどき手を貸して軌道修正したりしながら、
 見守ってあげること。

 これが、子供の能力を引き出すのです。 
 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 送っていただいたメールは、事前に連絡なく、メールマガジンその他に 
 掲載・使用させていただくことがあります。そのさい、匿名または、
 ペンネームにしますが、掲載を希望されない場合はその旨お知らせ下さい。
 ( ご本人への直接のお返事は、申し訳ありませんが時間的な限界があり、
 お約束できかねます)

 このメールマガジンの登録・解除・メールアドレス変更は、
 http://hiraiyoko.com/seminar.html でできます。
 必ず、ご本人が行なってくださいませ。

 発行人:平井瑛子(ひらい・ようこ)
 ホームページURL:http://hiraiyoko.com/
  つぶやき楽天日記 http://plaza.rakuten.co.jp/ykoyo/

 ━━━ 明日もより素敵なあなたに! ━━━ ♪(o^-')b ━━━━━━━━


<前>潜在意識にしみこむ暗示の効果・アファメーションの言葉&精神分析のお話・夢分析(30号 2004/3/30)
<次>潜在意識の成功法則・善良な人が不運な理由&精神分析理論・本能と超自我の関係(32号 2004/6/1)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク