うつ病と不安神経症(不安障害・ノイローゼ)の違い、アダルト・チルドレンと健全な自己愛(15号 2003-09-27)

神経症(不安障害・ノイローゼ)とうつ病の違い

神経症(不安障害・ノイローゼ)と鬱病の区別は、専門家でも難しいです。

鬱病と神経症(不安障害・ノイローゼ)を、私から見たときの特徴として、 述べてみたいと思います。

鬱病は体力の低下や食欲不振が見られます。
「○○に申し訳ない」という自己卑下が強くなり、好奇心や、 物事にたいする興味を失い、思考力も落ちて、 何も手につかなくなり、引きこもる傾向があります。
心の動揺が、身体にダイレクトに反映された状態です。

いっぽう、神経症(不安障害・ノイローゼ)では、食欲不振や体力低下はそれほどでもないのですが、 内面の葛藤がものすごく強い。

心のなかの漠然とした不安や動揺、恐怖などを、意志の力や、 身体という殻で、あるいは強迫神経症では繰り返し行う行為によって、 必死に押さえ込もうと闘っている形です。

心のエネルギーという点で言うならば、
鬱病はガーンとショックを受けてそのまま落ち込んでいる状態、 神経症(不安障害・ノイローゼ)はそのショックが時間をへて、異物なのに内面に採り入れられ、 固定してしまい、自我を内側から圧迫している状態、
になると思います。

参考のために、神経症(不安障害・ノイローゼ)とうつ病の区別について、 辞典からも引っ張ってきました。

------------------------------------------------------------
◆鬱病◆
《うつ状態》。憂鬱の状態の、とくに深刻なもの。
活動ができない感じを持ち、不安で悲観的で、絶望的となり、 自分をつまらぬ者と思い、自殺をはかる。思考が流れ出てこないし、 身体の面でもだるく、疲れた感じがして頭は重く、食欲は不振で、 眠れず、からだの具合が悪く感じられる。

◆神経症◆ 
<精神神経症>あるいは《ノイローゼ 》。
〈精神病〉のように人格が障害されず(したがって、自分が 病気だという意識をもっている),解剖学的な変化のない、 いわゆる《機能的疾患》のうちにふくまれる精神的異常。

  以上、――『岩波 心理学 小辞典 宮城音弥編』より引用
------------------------------------------------------------

鬱病も神経症(不安障害・ノイローゼ)もきちんと治療すれば、そしてご自身が、 心の底では(治りたくない)と思っていないかぎり、 必ず治るものですから、あきらめないで下さいね。


自分を大切にできれば、他人も大切にできる

心の健康はセルフ・エスティームがあるかないかで大きく違います。
セルフ・エスティーム(自己を尊重する・大切にする)について

『よみうりCha!』というフリーペーバーに、こんな記事がありました。
とてもいいコラムなので引用します。

ここから
----------------------------------------------------------------------
子どもコラム
長崎の事件を〈ずいぶん遅れて〉考えてみた

      (前略)

あくまでも一般論としてだが、(事件との関連で言うのではない)、 「自分を大切に思う気持ちがしっかり育っていなければ、 他人を大切にできるはずがない」、という事は言えるだろう。

この「自分を大切に思う気持ち」「自分にも生きている価値があるのだという実感」 「自分の存在が支えられているという安心感」は人との関わりを通してしか育たない。
      (後略)
                    (宮城教育大学 関口博久)
----------------------------------------------------------------------
                              引用ここまで
私もこの意見に賛成です。

自分を大切に思う気持ち、生きている価値があるという実感、 存在が支えられているという安心感、 このどれもが、健全な人格と、充実した人生の基礎にも、もちろん心の健康にも、 豊かな人間関係を築いていくためにも、不可欠な要素です。

自分を大切に思う、自分を尊重する気持ちは、 自己中心や、自分さえよければよいという自分本位とは別物。

まず、自分の気持ちがわかっていて、大切にできること。 これがどういうことか、実感としてわからなければ、 他人の気持ちを理解することもできないし、 まして尊重したり大切にしたりすることなんて、 できっこありません。

鬱病や、神経症(不安障害・ノイローゼ)、摂食障害など、 心の病になりやすい人というのは、 もともと、自分を守ったり、自分を大切にするという、 心構えというか、こころの習慣がないことが多いです。
自分を大切にするどころか、逆に粗末にしてしまったりします。

健康な人から見たら、不思議でならないでしょう。

「どうしてそんなにグズグスしてるわけ?」とか、 「誰だって、自分が一番世の中で可愛いんじゃん?」とか、 変に思うのではないでしょうか?

心の病は誰でもかかるものですが、無知な人もけっこう多いです。(^^;

「鬱病なんて、自分にこだわり過ぎるから おかしくなるんじゃないの?」とか、 「自分可愛い・可愛いで、自己愛強すぎるんじゃない?」とか、 的外れな意見で批判されたりすることも、昔はありました。

もとをただせば、鬱病や神経症(不安障害・ノイローゼ)になる人は、  そのほとんどが、心を病むしかなくなるような家庭、 ある意味で特別な環境――機能不全家庭――に育った、 アダルト・チルドレンである、というのが真相です。

鬱病や神経症(不安障害・ノイローゼ)の人はアダルト・チルドレンである

機能不全家庭とは、家庭らしい機能をもっていない家庭です。
子供を温かく守り育てるという役目を果たしていない家庭です。

鬱病になりやすい人も、神経症(不安障害・ノイローゼ)の人も、 家庭で、自分を大切にすることや愛することを親から  態度や言葉で教えてもらっていません。

それどころか、まったく逆のメッセージ、たとえば 「おまえなんか、たいしたことはない」など、 言葉の暴力を受けて育った人も、めずらしくありません。

(もっとずっと痛烈な言葉や、ひどい仕打ちを受けて育った方が  生きづらさをかかえている人のなかには少なくないのですが、  その方たちの気持ちを考えて、あえてここには書きません)

だからこそ、うつの人は虚しさに苦しんでいるのです。
「私なんか、この世に生きてて何になる?」……と。

神経症(不安障害・ノイローゼ)の人も自己価値観の低さに苦しむのです。 「私は生きているだけでも迷惑なんじゃないか?」って……!

鬱病の人も神経症(不安障害・ノイローゼ)の人も、健康な自我が育つ土壌がなかったのです。 心の安定や成長に必要な栄養が、充分に与えられてこなかったのです。

心の健康や回復に必要なのは健全な自己愛である

安心感や自己肯定感、自己価値観、自己重要感は、 心の軸、芯の部分です。
心の芯の部分がないと、人は、どうなるでしょう?

弱さを補うために、外側を固めるしかありません。

しなやかさが失われて、ガチガチに固まって、動けなくなる。

柔軟に対応することができなくなって、ストレスに弱くなる。

ストレスを受けて疲れても、我慢することが習慣になっているので、 耐えられない自分は弱い=価値がないと恐れ、 ギリギリまで我慢してしまう。

我慢できなくなったときには、倒れてしまう。

倒れるだけならまだしも、自傷行為に走ってしまったりする。

無理を重ねていくと、心も、 金属疲労と同じで、ある日ポキンと折れやすいのです。

心の病を患っている人は、自己愛が強すぎるのではなく、 健全な自己愛、セルフ・エスティーム不足、心の栄養不足なのです。

鬱病の人にも、神経症(不安障害・ノイローゼ)の人にも、 普通の人の何倍もの、健全な自己愛の補給が必要なのです。

自己愛とは、他人に迷惑をかけても自分流を貫く、 という中途半端な独りよがりの意味ではありません。

自分で自分をいたわったり、可愛がったりすることです。

これこそが、うつや神経症(不安障害・ノイローゼ)や心身症の人にとって、 最優先の項目、と言っても過言ではないのです。


<前>心の健康・催眠下の暗示・意志の力だけでは不安神経症を治せない(14号 2003/9/20)
<次>想念の力・うつの人を助ける・過去の辛い体験を掘り下げる治療に疑問(16号 2003-10-04)
<精神分析と心理学のメルマガバックナンバー一覧>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク