【No.114】虐待する親の心理を読み解く精神科医と作家のことば(20100622)

______________________________________________________________________________________________________________________

  本当の自分がわかる心の技術 安らぎと治癒の自己改革

     第114号 2010・6・22 発行

______________________________________________________________________________________________________________________

■ 114号の内容 

☆ 子供を虐待する親の心理 <ある週刊誌記事から> 

-------・-------・-------・-------・-------・-------・-------・-------

……………………………………………………………………………………………

●虐待にまつわる「常識」を読み解く

……………………………………………………………………………………………

コンビニエンス・ストアで手に取った週刊誌に気になる記事がありました。

これです。↓

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 われらの新時代に No.380

 殴っては謝るの繰返し…

 自己嫌悪しつつもやめられなかった母たちがみずから明かした「出口無き闇」

 虐待Mother5人の告白「私が一線を越えた瞬間」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

この記事は、実の子どもの肉体と精神(こころ)に暴力を加えた(=虐待した)

母親たち5人と、長兄から受けた性的虐待に苦しむ女性が焦点でした。

パラパラとめくると、「母性は急に備わったりしない」という見出しとともに、

作家の柳美里(ゆう・みり)さんの顔がありました。

以下↓ 女性セブン 2010年7月1日号 記事より抜粋

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 (前略)作家の柳美里さん(41才)は、いま話題の自著『ファミリー・

 シークレット』(講談社刊)で、自身が両親から受けた虐待、そして自らが

 長男に 対して行ってしまった虐待を赤裸々に告白している。

 (中略)

 「生まれてからしばらく長男を名前で呼べずに『こども』と呼んでいました。

 妊娠、子供を出産した瞬間に母親としての母性が急に備わったりするわけで

 はないんですよね……」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

引用終わり

柳美里『ファミリー・シークレット』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062161990/hiraiyokonopa-22/ref=nosim

たしかに、妊娠・出産と、愛情がわくことは必ずしもリンクしません。

でも妊娠中、おなかのなかで泳ぐように動く、まだ胎児とも呼べない

かぼそく小さな命がとてもいとおしく、誕生を待ちわびる母親もいます。

そういう健康な母親のほうが多いと思います。

そのいっぽうで、まったく愛情を感じられない母親もいます。

しかし、子供ができるのは当然男性がいてこそですよね。

よく言われるのが、

「男は愛情がなくてもセックスできる」ということ。

その愛情もないセックスで、妊娠という結果を引き受けさせられるのはいつも

きまって女性の側になります。

カウンセリングを受けて自らの心の傷に向き合った経験のある柳さんでさえ、

精神科医の香山さんと同じく、母親自身の責任のように結論づけていますが、

しかし、母親が子供を虐待する背景には、男性の身勝手が見え隠れすることが、

めずらしくありません。

この週刊誌の記事にも、柳さんをふくめ、

・恋人が息子を虐待するため、行動を一緒にした母親。

・妻子ある男性にだまされて妊娠させられ捨てられた母親。

・子供時代、父親から暴力を受け続けていた母親。

の例がでてきます。

母親が子供を虐待するのは当然、いけないことです。

でも、上にあげた母親たちの父親や、かつての恋人、現在の恋人たちにも、

責任の一端がないはずがない。

でも彼らが責任を追及されることはまれです。

母親の子育てには、男性の影響が少なくないのですから、

そのことにもう少し、社会全体が理解をしめしてもらえたらと思います。

さて、

今日のいちばんのテーマは、記事の最後の部分についてです。

引用ここから

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「母は子供に愛情を感じるのが当たり前、虐待をする女性は”母性”に欠陥

 がある、女性には生まれながらに母性本能が備わっているはずだ」── そ

 う思っている人はいまも少なくないのではないか。

 精神科医の香山リカさんは、この認識は間違いだと指摘する。

 「”母性は子を産めば自然に湧いてくる”と周囲が植え付けてしまった幻

 想です。昔は”女性は子供を産み、育てるもの”ということが大きな役割

 として与えられ、それが当然だと受け入れられてきた部分がありますが、

 いまの時代は、女性もひとりの人間として人生をどう生きるか、離婚しても

 恋愛してもいい、30代すぎて、40代すぎても年齢に応じた輝きを持っていな

 ければいけない、など自己実現の欲求が強くなってきているのです。 

  その分、母性と自己実現の狭間でバランスを失う女性が増えているように

 思います」

  前出・柳さんは自身について考えながらこういう。

 「昔は近所に母の姉がいて、その子供がいたり、なんだかわからない遠い親

 せきも子育てに口を出すようなことが珍しくなかった。

  そういった意味では私たちの世代は孤立に慣れていると思うんですね。そ

 れなのに子供を産んで母になると突然、密なつながりや関係を求められる。

 そこに対応しきれていない気がします」

  自分以外の人を自分以上に愛せるのは、人間に備わった最も大きな能力で

 あるはずなのに、私たちはその”能力”を何とひきかえに手放してしまった

 のだろうか。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

引用終わり

この記事をくわしく読んでみたいと思います。

まず、前半部分。編集側の問いかけと、香山氏の発言。(^^) 

↓ 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「母は子供に愛情を感じるのが当たり前、虐待をする女性は”母性”に欠陥

 がある、女性には生まれながらに母性本能が備わっているはずだ」── そ

 う思っている人はいまも少なくないのではないか。

 精神科医の香山リカさんは、この認識は間違いだと指摘する。

 「”母性は子を産めば自然に湧いてくる”と周囲が植え付けてしまった幻

 想です。昔は”女性は子供を産み、育てるもの”ということが大きな役割

 として与えられ、それが当然だと受け入れられてきた部分がありますが、

 いまの時代は、女性もひとりの人間として人生をどう生きるか、離婚しても

 恋愛してもいい、30代すぎて、40代すぎても年齢に応じた輝きを持っていな

 ければいけない、など自己実現の欲求が強くなってきているのです。 

  その分、母性と自己実現の狭間でバランスを失う女性が増えているように

 思います」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

★ この部分の意味は、おそらく、こうことでしょう。(^^) 

週刊誌側では「世の中にはわが子を虐待してしまう母親がいる。

女性=母性愛と思われてきたけれど、どこが違っていたのですか?」

香山先生のコメントは最初、『女性=母性という認識』は間違いだ、

「周囲が植え付けてしまった幻想」と断言なさっています。

でも、その「周囲」とはいったいだれのことなのか?

そしてその「周囲」が「幻想」を植え付けたのは誰になのか?

子供を持つ母親? その家族? 親戚? 近所の人? 世間一般の人? 

どれがどれ?・・・???

※ 私自身は、女性=母性神話は社会が、つまり男性が、状況のいかんを

問わず、「女は結婚して子供を産んで、産んだ子供を可愛がるのが本能だ」

という枠にはめてきたのだと思います。

で、男性のほうは、浮気するのが本能だからとめられないんだと。

って、それだと男性にばかり都合がよすぎでは? 

まあマスコミの言うことは鵜呑みにできませんけどね。(^^;)

・・・香山さんの不明瞭さは飛ばして・・・、

と (;^_^A

香山先生のご意見を最後まで拝聴すると、

けっきょくは、「女性が昔よりも自由に生き方を選べるようになった。

自己実現をしてみたい女性が、子育てと両立できなくて精神バランスを崩す

人が増え(て虐待が増え)た」と、・・・・なるわけ?かな? (・・;)?

しかも、ご自身がまっさきに「幻想」と退けた「母性」を最後になって、

いちばん目にすえていらっしゃる。

最初に女性=母性を否定して、おしまいにはやはりどうしても外せない

ような感じで関連づけていて・・・否定肯定どっちなんだろうと。

けっきょく最初で使っている「母性」は母性の意味そのままで、

最後の母性はたんに「子育て」の意味で使っていらっしゃると考えれば、

すっきりします。

となると、香山さんは、自己実現と子育てが両立しなくて虐待してしまう人が

多いように思っていらっしゃる・・・?!

でも実際は、自己実現のために働く優雅な人ばかりじゃないでしょう?

生活のために働く人のほうが圧倒的に多いし、子供をイライラして叩くのは、

自己実現したくてモヤモヤしてるせいなどではないでしょう。(^^;) 

彼女たちは苦しんでいるのですよ。

虐待されて育ってきた娘が結婚し、子供を産んで、家庭という密室で、

母ひとり子ひとりになったとき、それまで弱者でしかなかった乙女は、

はじめて支配する側にまわるのです。

次に、柳美里さんの意見です。

引用ここから

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

  前出・柳さんは自身について考えながらこういう。

 「昔は近所に母の姉がいて、その子供がいたり、なんだかわからない遠い親

 せきも子育てに口を出すようなことが珍しくなかった。

  そういった意味では私たちの世代は孤立に慣れていると思うんですね。そ

 れなのに子供を産んで母になると突然、密なつながりや関係を求められる。

 そこに対応しきれていない気がします」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

引用ここまで。

ええ。・・・(^^) たしかに、昔はもっと親戚づきあいが密でしたね。

しかも、住宅難もあり、今のように、両親と子供だけの核家族でなく、

他に同居家族がいることも珍しくありませんでした。

そのため、母と子供が二人きりにはなりにくく、肉体的虐待がとことん酷く

なることも今より全体の数として、少なかっただろうとは想像できます。

でも、それでも昔から折檻(せっかん)する親はいたのです。

当時から虐待する親はいたのです。しかし虐待という概念そのものがまだ

ありませんでした。

可愛いはずのわが子に向かって執拗に暴力を振るうのは「子の将来のため」

であり「こらしめる」のも「子を思う親心」に他ならないと黙認・追認・

容認されたのです。

その蓄積された苦しみや憎悪のエネルギーは、計り知れないほど大きい。

なのに、虐待をテーマに掲げた記事でさえ、このようにしていともたやすく、

女性個人の問題とされるなら、子供の痛みは報われない。

柳さん自身、父親から肉体的暴力を受けていた。近くに住む親戚つきあいも

育児への口出しも、父親の虐待をとめる力にはならなかったわけです。

精神科医が、虐待は若い母親の個人個人の人生の問題と一蹴し、

柳さんでさえ、虐待するのはいわば、若い世代が、親子という密接な人間

関係に慣れていない、精神的未熟さが原因という。

そういう見方もあるでしょう。

でも、母親ひとりだけでは解決できなかった、わが子を虐待をしてしまう

苦しさと子供の不幸が、どうやって解決されたかといえば、その多くが、

身近な人間、配偶者(夫)や、両親や、近所の人などの温かい理解や

協力が得られたからなのです。(^^)  

そして週刊誌側の意見。

引用ここから

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

  自分以外の人を自分以上に愛せるのは、人間に備わった最も大きな能力で

 あるはずなのに、私たちはその”能力”を何とひきかえに手放してしまった

 のだろうか。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

引用ここまで

「自分以外の人」といっても、多くの人は「自分の」子供だからこそ、可愛く

思えるのだし、それだけでもじゅうぶん健全な状態です。

自分の子供は、「自分の」延長のように感じる。その意味では親にとっての

子供は、他者ではありえない。

しかも、接しているうちに、子供だった自分を思い出させる存在でもある。

(ここらへんは普通はなかなか意識できない無意識的な作用ですが)

となると、ある人は、幸福な子供だった自分の姿が思い出されるし、

べつの人は、みじめでな思い出、封印した過去がフラッシュバックしてくる。

いい悪い、善悪は別として、子供の幸・不幸は抜きにして、可愛がる親と、

虐待してしまう親と、両者とも、自分がされたことをしている点で違わない。

極端に単純化してしまえば、見聞きし体験して、インプットされたデータ

がその人をつくる、ということです。もっといえば、作動するプログラムの

内容も、子供時代に、養育者によって将来が作られるといっても、

あながち過言ではないのです。

なかには、自分が過去に虐待を受けていなくても、貧困や、人間関係からくる

ストレスなどで思わずわが子に手をあげてしまう親もいると思います。

親も悩みを抱えるひとりの人間ですし、また、いけないことをやめさせるのに、

1回や2回パチンと叩くのだって必要になることがあるかもしれません。

しかし、虐待というのは、非情なものです。

その地獄(闇でなく地獄)を生き延びてきた養育者──母親に限らず──、

彼らの汚辱や痛みを取り去り、人間への基本的信頼回復を促することが、

再発防止のために不可欠だと思います。

--------------------------------------------------------------------
■ お願い・注意事項 ■
--------------------------------------------------------------------
●お友だち・お知り合いへの全文転送は大歓迎です。
心の不安を抱えた方、心の健康に興味がある方に教えてあげてください。

●お寄せいただいたメールは、ご本人に確認することなく、
個人が特定できないよう配慮したうえで、掲載される場合があります。
あらかじめご承知おきください。

●転載・引用される場合は、出典として、このメルマガの
該当ぺージのURLなど、参照元を明記ください。☆


<前> 【No.113】春が重苦しい理由(100302)
<このぺージトップへ>
<次> 【No.115】 サバイバーズ・ギルト(110409)
<精神分析と心理学と心理療法のメルマガバックナンバー>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク