No.108 解離<4>別人格の『私』・解離状態から再び私を統合する試み  (090213)

■ 108号の内容 

☆ 臨床心理学講座 多重人格(解離性障害)<その4> 

-------・-------・-------・-------・-------・-------・-------・-------

……………………………………………………………………………………………
● 解離すれば苦しまなくてすむ? 
…………………………………………………………………………………………… 

いったん解離してしまえば とりあえずですが、現実で起きていることから
受ける茨(いばら)の苦しみは、感じなくてすみます。

でも、解離を何度もたび重なると、しだいに本来の自己から遠ざかってしまい、
解離していた時間に自分の肉体(と、なかに入っていた人格と)が
どこで何をやっていたのか、把握できなくなってしまいます。

自分ではない誰かが、自分の姿形で、しかも自分に断りなく、
独自の判断で、たとえ何か勝手なことをやっていても、とめられなかったり、
その記憶が全然ない(!)となれば、これではまともな生活が
送れなくなるのは皆さんにも、想像に難くないでしょう。


……………………………………………………………………………………………
● 私のなかにいた女の子は誰? 
……………………………………………………………………………………………
 


私自身、9歳のときの解離の話ですが、……。

9歳ともなれば、それなりに現実的な判断もできる年齢です。
精神的には、大人と大差ないほど成長しています。


その9歳のとき、辛さのあまり解離しているときに、
(あれ?ここは現実世界ではない)と気づいて、
自分の身体を探して戻ろうとするとき、ひとりぼっちでとても不安でした。

「私が身体を抜け出したあと、身体は気絶して倒れているんじゃないか?」と。


しかしなんと、私はさっきまでいたところ、そこに静かに立っていました! 
しかもちゃんと外見はごくごく普通の様子で……! 

私は ――こんな事態にもかかわらず、(^^;ゞ―― 
同じ年頃の?小さな女の子として、この子の強さに魅力を感じました。

(この子はいったい誰なんだろう? …… 
 泣き虫で、そそっかしくて慌てん坊の私とは正反対で、大人びて、
 物事がよくわかっていそうな、賢そうな瞳をした、物静かなこの子。
 私はこの子を知らない。なのに、私が自分の身体と精神から
 思わず抜け出してしまったのを知り、間髪を入れずに
 入れ代わって、バトンタッチしてなりゆきを引き受けているなんて、
 いったいこの子、今まで私のなかのどこにいたんだろう……?!)

同時に、人のこころのしくみって……なんて絶妙なんだろう?
……と感嘆してもいました。


「でも、もし……?!、この子が私の身体と気持ち(心・精神)を
 ひとりで占領していて、私の身体なのに、入れなくなっていたら?!」
「これはもともと私の身体なんだもの……!私はこの身体を授かって
 生まれてきたんだもの……!」


私は急いで、自分の身体と精神を、この子から再び自分のものに
戻そうと試み、抵抗なくすんなりとうまくいったのでホッとしながら、
「私」とひとつになり、自分にこの世で与えられた役割に戻りました。

解離を自力で解消して、再び厳しい現実のなかで、
傍目には、以前のままの私として元通りの……逃げ場のない、自由を束縛された
苦しく無力で惨めな子供時代の毎日へと、帰って行ったのです。


もし、そうしなかったら・・・?
もし、つらい現実のなかで生きる状態に戻らなかったら?


その場合は、多重人格(解離性障害)が固定してしまい、
子供時代はさほど問題なくても、成人してから、
社会生活上のさまざまなトラブルを抱えるようになったでしょう。

精神病への通院・入院治療となっていたかもしれません。


でも忘れてならないのは、多重人格(解離性障害)の治療に限らず、
精神科病棟への入院や、薬を服薬するだけでは、心の病は治らないことです。

多重人格(解離性障害)には、人格を少しずつ統合していくことが必要で、
会話による治療、専門家による心理療法が有効な手段です。
 

〜つづく〜

……………………………………………………………………………………………

今回のメールマガジン、いかがでしたか?

メルマガへの ご意見・ご感想、お待ちしています。
このメールに返信ください。

知らなかったとか、知っていたとか、なんでもけっこうです。

ご質問も、ありがたいです。 
「こんなこと聞いて笑われないか?」などと心配されず、
ちょっとしたことでも、送ってくださいね。(^^)v 

必ず回答できるというわけではありませんが、いただいたどのメールも、
きちんと目を通し、誌面の改善・充実に反映させていきます。(*^▽^*)

--------------------------------------------------------------------
■ お願い・注意事項 ■
--------------------------------------------------------------------
●お友だち・お知り合いへの全文転送は大歓迎です。
心の不安を抱えた方、心の健康に興味がある方に教えてあげてください。

●お寄せいただいたメールは、ご本人に確認することなく、
個人が特定できないよう配慮したうえで、掲載される場合があります。
あらかじめご承知おきください。

●転載・引用される場合は、出典として、
該当ぺージのURLなど、参照元を明記ください。☆


【No.107】 解離<3>解離現象を起こす子供の内面世界 (090207)
<このぺージトップへ>
【No.109】 解離<5>シュナイダーの一級症状とこころの病 (090214)
<精神分析と心理学と心理療法のメルマガバックナンバー>

憂鬱(うつ)と不安を解消するセルフコントロールHPトップ

講師兼セラピスト(女性)の自己紹介

潜在意識と心の自己改革系無料メールマガジン

やさしい心理学通信講座(セミナー)

心理学と心理療法の本棚

心の健康についての記事

メンタルヘルスのリンク